八幡西区上上津役 馬場線沿いのはりきゅう院です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療費のこと

【自由診療】
 パンジーでお迎え
 初診料   1,000円
 基本料金 3,700円

ご相談により、往診もしております。


【国民健康保険はりきゅう補助制度】
 北九州市在住の国民健康保険にご加入の方で、健康増進のための施術を受けた場合は、以下の補助金が受けられます。
 ■75歳未満の方
  協定料金3,300円の2分の1に相当する額(1,650円)
 ■75歳以上の方
  協定料金2,200円の2分の1に相当する額(1,100円)

 ※制限回数は、1人1日1回  月10回までです。
 ※施術のつど保険証と印鑑をが必要となります。
                       

スポンサーサイト

休診日

◎休診日は日曜・祭日です。

《2017年 9・10月休診のお知らせ》

特にありません
    
  休診日も対応できる際は、治療をしております。
  我慢せず連絡ください。

予約制となっております。
朝早くの治療や会社帰りの遅い時間の
治療などお気軽にご相談ください。
 ℡093-611-5033

診療受付時間
9:00~18:00

当院での治療

○ 施術方法
  鍼にもさまざまな種類があります。
  
  酷使した体にステンレスの鍼よりもパワーのある金の鍼を使用したり、
  虚弱な方には刺さない鍼(さする鍼、押す鍼)、冷えている体に温める
  の鍼を使ったりと、患者さんの体質と状態にあった鍼やお灸の選択を   
  いたします。

 1.仰向け
   ・ 脈、腹を診て、全身の状態を把握し使用する鍼やお灸、治療方針を
     決定します。
 2.うつぶせ
   ・ 反応点に鍼やお灸をします。
 3.座位など  
   ・必要に応じ、頭へのお灸や鍼を行います。
 4.仰向け
   ・全体の調整を行い、体の状態を確認いたします。 
   
☆治療時間は40分~60分です。
  

○ 当院の治療について
   漢の時代から使用されていた刺す鍼、刺さない鍼にも種類があり、
   呼び名を古代九鍼といいます。
   その第一人者である千葉の石原克己先生に御教授いただいた技
   術をベースに、体の声を聞き感じとり一人一人に合った鍼灸具で
   オーダーメイド治療をしております。
   (小さなお子さんからお年寄りまで、虚弱で刺す鍼ができなくても
   刺さない鍼や、刺激量を少なくした気持ちのよいお灸や操体法など
   さまざまな治療方法があります)

○質問の多い項目
    ・使用する鍼について
      使い捨てのディスポーザブル鍼と、
      特殊な鍼(金などディスポーザブル鍼)については
      オートクレープ(滅菌器)で厳重に消毒管理を行っております。
      使用できない鍼とを使用しております。

    ・灸について
      今では直接皮膚にお灸を行う直灸はやられなくなりました。
      お年寄りの方は希望される方もいらっしゃり、状態と相談に応じ
      て施術をしております。
      通常は、灸点紙を使用して、熱く感じられたらとるようにして、
      火傷ができないように工夫しています。

    ・来院する際の服装について    
     ハーフパンツ挿絵 頭から足まで全身を診て治療するため、
      ハーフパンツを用意しています。
      いつもの服装でお越しください。

    ・温める鍼について
      鍼の持ち手部分に、艾を丸めたものをつけて燃やします。
      腰背部に灸頭鍼をすると腹部も温まって、消化器の弱い人も食欲
      が出てきます。とても気持ちのよいものです。

はりきゅうの治療

首から上の症状に
頭痛 偏頭痛 疲れ目 目の充血 鼻炎 蓄膿症 扁桃腺炎 口内炎 歯痛 歯がうく 顔のむくみ 肌あれ にきび 耳鳴り 風邪症状(鼻水/咳/発熱/のどの痛み) 顔面神経痛/麻痺など

首・肩・腕・背中の疲れに
肩のこり 首のこり 肩関節痛 五十肩 寝違え 背中のはり 腕のだるさ 肘痛 腱鞘炎など

腰と足の疲れに
腰痛 ぎっくり腰 坐骨神経痛 膝関節症 膝の痛み 足のむくみ こむら返り 足のしびれ 足の疲れ 外反母趾 打撲 ねんざなど

内臓の疲れに 
高血圧症 低血圧症 胃もたれなど胃腸疾患 食欲不振 吐き気 下痢 便秘 痔 じんましん アレルギー性疾患 乗り物酔い 二日酔いなど

婦人科系に 
生理痛 月経困難 冷え性 貧血 不妊症 つわり 逆子 妊娠中や安産のための治療に 母子のための産後のケアに 更年期障害など(その他ご相談下さい) 

体や心の疲れ、不定愁訴に
手足の冷え 眠れない 体が重い やる気がない イライラする めまい 動悸 神経症 過呼吸 パニック障害  
 病院の検査では異常がないと言われたけれど、健康診断の数値が気になる…
 体の調子がいつもと違うなど、病気ではないけれども健康ともいえない症状に!

 30代を越えるとだんだん無理がきかなくなり、気力・体力が衰えてからだに変化があらわれます。
 そんな状態を老化や体質だとあきらめていませんか?
 一人一人の体質(タイプ)に合わせて、鍼灸治療で気血の流れを調整し、
 人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
 鍼灸治療は生活習慣病の予防としても効果が期待できます。

*その他*
脳血管障害後遺症 パーキンソン病 高血圧 慢性関節リウマチ 熱中症 
夏バテ 
野球・ゴルフ・テニス・陸上・ダンス・音楽・舞台・縫い物などのオーバーユース(使いすぎ)による筋肉の疲労回復や疼痛緩和、スポーツ障害とコンディショニングに!

治療院について

大切にしていること&プロフィール

1.大切にしていること

◇衛生管理

滅菌してます   当院では使い捨ての鍼も使用しておりますが、
  1本1本職人さんが作成された鍼は、
  医療用高圧蒸気滅菌装置(WHO推奨)を
  使用して消毒しております。
  用具からの感染等の心配は全くありません。

 
 ◇治療とは

 症状の苦痛や悩みの改善を促す1つの方法だと考えています。

 “治す”のではなく、健康へのお手伝いをさせて頂く気持ちで
 治療に当たらせていただきます。

 あくまでも患者さんが主体です。

 患者さんの生活リズム・状況を一緒に考え、
 人生の一部を共有させていただきたいと思っています。

◇治療後のこと。

 治療後も随時相談に応じます。
 家庭でできる養生法指導にも力を入れています。

2.プロフィール
 針灸師 松隈夏美 北九州市出身

 2003年 福岡柔道整復専門学校卒業 
        東明堂石原鍼灸院(千葉)勤務 石原克己氏に師事
 2007年 松クマ鍼灸院開業  
 2008年 福岡医健専門学校非常勤講師~
 2013年 日本刺絡学会評議員 
 2016年 刺絡鍼法基礎講習会講師~

女性の患者さんから、「女性の鍼灸師なので安心して受診できる」と、お言葉を頂いておりますが、当院は女性専用ではありません。
老若男女、誰でも気軽に立ち寄れる保健室のような鍼灸院でありたいと思っています。
敷居が高いと思われがちな鍼灸ですが、ご相談や問い合わせなど気軽にご連絡ください。
インフォメーション
福岡刺絡研究会
参考資料
ツボに訊け!―鍼灸の底力 (ちくま新書)ツボに訊け!―鍼灸の底力 (ちくま新書)
(2008/11)
寄金 丈嗣

商品詳細を見る
はりきゅう治療のQ&Aならこちら! 腰痛に効くツボ、風邪を癒すツボ。ツボって一体なんだ?東洋医学の長い歴史のなかで連綿と受け継がれ、経験の蓄積によって洗練されてきたツボや経絡の思想。そこには人体も自然と見なす「天人相関」の叡智が表れている。近年は万病に効くと注目される鍼灸治療だが、「痛い・熱い・怖い」「なんとなく怪しい」と、どうも敷居が高い。そこで、鍼灸界のウラもスキ間も知り尽くした著者が、東洋医学の基礎から「ヨイショ」なしの名医の見分け方、治療院の選び方までを徹底指南する。
松クマ鍼灸院
TEL 093-611-5033

matsukuma89

Author:matsukuma89
北九州市八幡西区上上津役
  1丁目5番22号

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。